生姜の効用は生薬

生姜は英語ではジンジャーと言いますが、洋の東西を問わず身体に良い食材として様々な形で使われています。生姜はショウガ科の多年草ですが、昔から食材として、また生薬として使われてきました。私たちが利用するのはショウガの根茎の部分になり、生姜特有の辛味は生姜が含むジンゲロールとショウガオールで、生姜特有の香りはジンゲロンという成分によるものですが、その辛味と香りが食欲を増進させます。

生姜の主成分はジンゲロールで、これを乾燥させて加熱するとショウガオールとジンゲロンが発生します。これは身体の免疫力を高めると同時に殺菌の効果があり、さらに血行を促進する効果があると言われていますから、冷え性にも効果的です。また、脂肪を分解する作用もあるため、脂気の多い食材に生姜を使用すると、臭味を消すと同時に脂肪分を分解することを先人たちは自然から学んでいます。

生姜そのものを生薬として使用する生姜湯などは初期の風邪には効果がありますし、和食でも洋食でも、鯖などの味噌煮やポークジンジャーなど豚肉の味付けに、すりおろした生姜を使うのはまさに当を得た生姜の用法です。

さらに、生薬としての生姜には、鎮痛作用や便秘解消、消臭やコレステロール低下など様々な効能があることも分かってきました。また、生姜の辛味と香りは私たちには好ましいものですから、生姜が嫌いという人は稀で、多くの人が生姜好きなのは間違いがないところです。

当サイトでは、この万能の食材であり生薬である生姜の効能と生姜の使い方について紹介いたします。


※管理人特選サイト
新鮮な野菜を宅配してくれる野菜の通販サービスを比較しているサイトです → → → 野菜 通販